チャック・ベリーさん死去…「ロックの創始者」

 【ロサンゼルス=田原徳容】ロックンロールの創始者の一人、米国のギタリストで歌手のチャック・ベリーさんが18日、米中西部ミズーリ州のセントルイス近郊で死去した。

 90歳だった。

 セントルイス出身。10歳代で音楽を始め、マディ・ウォーターズらのブルースに影響を受けた。1955年のデビューシングル「メイベリーン」がヒット。その後も「ロール・オーバー・ベートーベン」「ロックン・ロール・ミュージック」「ジョニー・B・グッド」など、ロック史に残る名曲を発表した。

 ブルースやカントリーの要素が融合した激しいリズムの音楽、ロックンロール。ベリーさんは、踊りやすくノリのいいギター、歯切れのいいボーカルが持ち味で、演奏しながら腰を落として歩く「ダック・ウォーク」と呼ばれる姿がトレードマークだった。

(ここまで344文字 / 残り581文字)
2017年03月19日 21時19分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ