<米欧回覧と文明開化>第1回~いざ行かん、未知の国へ

岩倉使節団派遣

  • 岩倉大使欧米派遣(山口蓬春画、聖徳記念絵画館蔵)
    岩倉大使欧米派遣(山口蓬春画、聖徳記念絵画館蔵)

 1871(明治4)年12月23日、いわゆる「岩倉使節団」が、巨大な外輪(がいりん)蒸気船(じょうきせん)「アメリカ号」(4554トン)で、米国に向けて横浜港を出航しました。

 これまで徳川幕府も、6次にわたり米欧に使節団を派遣してきました。それらは条約批准や締結交渉を主な任務としていました。これに比べ、今回の使節団は、西洋文明の実地体験を通じて、明治国家建設に資する知恵やデータを得ることを大きな使命としていました。

 出発前の12月15日、明治天皇は岩倉具視(ともみ)全権大使に対し、各国元首に捧呈(ほうてい)する「国書」を授けました。国書は、使節団の目的について、「聘問(へいもん)の礼を修め、親好の情誼(じょうぎ)を厚く」するための親善訪問であることを明らかにしています。

 明治国家の最大の課題は、「従前の条約を改正し、独立不羈(ふき)の体裁を定める」(太政大臣・三条実美(さねとみ))ことにあり、その条約改定の期限は72年7月1日に迫っていました。

 しかし、条約を改めるためには、万国公法(国際法)に抵触(ていしょく)する日本の国内法をまず改正しなければならず、その期限までに間に合いません。このため、慌てて国内法を改正するよりも、米欧列強を直接訪問して条約改定の暫時延期を求め、諸国の諸法規を習得したうえで、日本の国内体制を整える方が賢明だ、と考えたようです。

 要するに、使節団は、条約改正そのものを直接の任務としていませんでした。

2年近く12か国

 政府使節団の特命全権大使には、右大臣・岩倉具視(数え年47歳)、副使には、参議・木戸孝允(たかよし)(39歳)、大蔵卿(おおくらきょう)・大久保利通(としみち)(42歳)、工部大輔(たいふ)・伊藤博文(ひろぶみ)(31歳)、外務少輔(しょうゆう)・山口尚芳(ますか)(33歳)の4人が選ばれました。

 横浜出港時の使節団の全メンバーは46人、平均年齢は約32歳で、このほかに大使・副使の随行者や、留学をめざす華族・士族らが加わり、総勢は107人に達しました。

 この中には、最年少で数え年8歳の津田梅(のち梅子)、山川捨松(すてまつ)らの女子留学生5人をはじめ、男子では、後年、日本の各界で活躍する金子堅太郎や(だん)琢磨(たくま)、中江篤介(とくすけ)兆民(ちょうみん))、牧野伸顕(のぶあき)らが参加していました。

  • 中江篤介(兆民)(国立国会図書館ウェブサイトから)
    中江篤介(兆民)(国立国会図書館ウェブサイトから)

 中江は、馬車で出勤する大久保を待ち構えて直訴に及び、留学がかないました。また、大久保の次男である牧野は、のちに文相・外相・内大臣などを歴任しますが、後年、回顧録の中で、「この欧米への使節派遣は、廃藩置県とともに、明治以後の我が国の基礎を作った最も重要な出来事」と書いています。

 使節一行は当初、14か国を10か月半かけて回る予定でした。しかし、途中で帰国した大久保や木戸らを除いて、回覧の期間は足かけ1年10か月に及び、周遊した諸国は、米欧の12か国(アメリカ、イギリス、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、ロシア、デンマーク、スウェーデン、イタリア、オーストリア、スイス)に上りました。

 4人の副使の下の書記官の多くは、福地源一郎ら旧幕臣たちで、旧幕時代に外遊経験をもち、外国語も堪能でした。これに対して、5人の大使・副使のうち、外国生活を知っているのは伊藤だけで、他の4人の首脳はまったく「未知の国」への旅立ちでした。

 太政大臣の三条は、彼らへの「送別の辞」で、「外国の交際は国の安危(あんき)に関し、使節の能否(のうひ)は国の栄辱(えいじょく)(かかわ)る」と切り出し、「行けや、海に火輪(かりん)を転じ、陸に汽車を(めぐ)らし、万里馳駆(ちく)、英名を四方に宣揚(せんよう)し、(つつが)無き帰朝を祈る」と、格調が高い文章で、一行を激励しました。

フルベッキの建言

  • フルベッキ(明治学院歴史資料館蔵)
    フルベッキ(明治学院歴史資料館蔵)

 この使節団の派遣には、一人のお雇い外国人がかかわっていました。オランダに生まれ、アメリカの神学校で学んだ宣教師のフルベッキ(1830~98年)です。

 フルベッキは幕末の1859年、長崎に上陸し、佐賀藩致遠(ちえん)館の教師として日本人子弟の教育にあたりました。大隈重信(おおくましげのぶ)副島種臣(そえじまたねおみ)らには、聖書やアメリカ憲法を教えたといわれます。

 69年から政府顧問に就いたフルベッキは、同年6月、日本による米欧使節団派遣を建言します。はじめ大隈に伝えたのですが、すぐには生かされず、71年12月、岩倉がフルベッキからその内容を尋ねた記録(ブリーフ・スケッチ)が残されています。

 その中でフルベッキは、「西洋文明を完全に理解しようとすれば、直接に体験することが必要である」と強調し、選ばれる全権大使は「高い地位にある人で、天皇および国民が、その知性、活動力、高い人格に十分の信頼がおける人物でなければならない」と力説しています。

 さらに歴訪各国で、日本側が「西欧諸国と完全な政治的平等を打ち立てるため、日本政府がとるべき基本的政策は何か」などと問いかければ、相手側からは「日本の法律を西欧規準に一層近づけること」や「西洋の宗教を禁止した古い布告の廃止」などを求められるだろう、と想定問答まで例示しています。

 そして、使節団の中に憲法・法律、税財政、教育、陸海軍、宗教に関する各調査チーム(高官3人と書記1人)を作って分担して臨むよう提案し、「諸制度全体を十全に研究すべき国々は、フランス、イギリス、プロシア、オランダ、アメリカのみ」と断言していました。

 フルベッキはまた、使節団の報告書作成のための手引も作っていました。これが使節団随行の旧佐賀藩士・久米(くめ)邦武(くにたけ)(1839~1931年)が華麗な文体で詳細に記述した、大冊の岩倉使節団公式報告書『特命全権大使 米欧回覧実記』に結実することになります。

幻の大隈使節団

 それにしても、明治政府の中核を占める政治家たちが、このように大挙して海外に出たことは驚きです。ジャーナリストの三宅(みやけ)雪嶺(せつれい)は、著書『同時代史』で、この一大デレゲーション(代表団)を、「勇敢とせば勇敢、軽率とせば軽率、一の奇異なる現象とすべし」と評しました。

 大隈重信は、のちの回顧談で、使節団はもともと「()(おのれ)の発議」であったと強調しています。そして自分が進んでその任にあたろうとしていたのに、意外なことに、内政の整理のために(とど)まるべき、木戸や大久保が派遣されるに至ったと、不満を表明しています。

 確かに71年10月、参議で条約改定掛だった大隈が、使節団の派遣を提議し、「大隈使節団」でほぼ内定したようです。が、これはひっくりかえされました。

 大隈によりますと、はじめは小規模の計画だったものが、多人数の「外国視察隊」にふくらみました。それというのも、政府内の藩閥抗争や官吏の衝突により、諸改革が進まない状況を変えるために、この際、「なるべく速やかに、(口うるさい人々を)出来るだけ多数」、海外に派遣してしまい、そこで「鬼の留守に洗濯」とばかり、十分な改革を断行しよう――となった、というのです(『大隈伯昔日(せきじつ)(たん)』)。

 結局、トップは、以前から使節団派遣を唱え、その才気と弁舌で鳴る公家出身の岩倉に落着しました。

 ともあれ、「大隈使節団」が実現せず、「岩倉使節団」になった背景には、幕末以来の岩倉と三条、木戸と大久保、そして西郷、さらには大隈ら権力者同士の確執や派閥対立、廃藩置県後の「文明開化」の進め方、人事、政局運営をめぐる各人の主導権争いがあったことは確かなようです。

 西郷隆盛が、使節団を横浜に見送ったあと、一行の船が途中沈没してしまえばいい、と放言したとされるのも、使節派遣をめぐる複雑な事情をうかがわせるものです。

大礼服の制定

  • 岩倉使節団の中枢メンバー。左から木戸孝允、山口尚芳、岩倉具視、伊藤博文、大久保利通(国立国会図書館ウェブサイトから)
    岩倉使節団の中枢メンバー。左から木戸孝允、山口尚芳、岩倉具視、伊藤博文、大久保利通(国立国会図書館ウェブサイトから)

 全権大使の岩倉、副使の木戸、大久保、伊藤、山口の計5人がサンフランシスコで、そろって記念撮影した有名な写真があります。

 中央の岩倉だけが丁髷(ちょんまげ)で羽織(はおり)(はかま)を身に着けているのに、他の4人はすっかり断髪して洋装です。それにしても、岩倉の袴の下から革靴(かわぐつ)がのぞいているのは、まことに珍妙です。

 岩倉大使は、常に羽織・(はかま)姿で、公式の席では衣冠(いかん)束帯(そくたい)を着けていました。このため、使節団が滞在したホテルの周囲は、異国の風俗みたさに見物の人だかりができました。これでは、見せ物のようではないか、この際、我々も大礼服(重要な公的な儀式用の礼装)を整えるべきだ、といった声があがって、これを本国に申し立てます。

  • 大礼服(国立国会図書館ウェブサイトから)
    大礼服(国立国会図書館ウェブサイトから)

 この結果、72年暮れになって「帽は舟形、衣は燕尾形、金線もしくは銀線をもって刺繍(ししゅう)」を施した大礼服が制定され、岩倉らは、ヨーロッパで初めて新制の大礼服を着用することになります。

 その後、岩倉は、ワシントンに向かう途中のシカゴで断髪しています。アメリカ滞在中、全権大使たる自分に注目が集まるのは、日本独特の髪形や和服のせいであることにようやく気づいたため、といわれます。同行の元土佐藩士で司法大輔・佐々木(ささき)高行(たかゆき)(1830~1910年)は、岩倉のこの変身ぶりについて、「開化の米国風邪をひきたるか分からず」と、いかにも苦々しく、日記に書きました。

散切り頭をたたいてみれば…

 使節団が出発する3か月前の71年9月23日、政府は、「散髪、制服、略服、脱刀とも、勝手為すべき事」とする布告(散髪脱刀令)を出しました。これまで男子の頭髪は丁髷でしたが、髪形、服装も「欧米並み」をめざすための措置でした。

 木戸孝允の場合は、手回しよく、発令に先立って散髪したといわれます。しかし、世間では、断髪も廃刀も、すんなりとは進まなかったようです。

  • 文明開化の世相を描いた「安愚楽鍋(あぐらなべ)」(作・仮名垣魯文(かながきろぶん)、絵・河鍋暁斎)の一場面。右側の男性がザンギリ頭(国立国会図書館ウェブサイトから)
    文明開化の世相を描いた「安愚楽鍋(あぐらなべ)」(作・仮名垣魯文(かながきろぶん)、絵・河鍋暁斎)の一場面。右側の男性がザンギリ頭(国立国会図書館ウェブサイトから)

 「御宿かわせみ」などの作品で知られる作家の平岩弓枝さんは、散髪脱刀令が、「お上のお触れとしては、どこか弱気というか、腰が引けている感じ」の、「勝手たるべし、という表現になったので、庶民は勝手でいいなら、ちょんまげでいいんだろうと居直った」と書いています。 

 また、日本(ばさみ)では断髪は無理なうえに、(まげ)を切ったあと月代(さかやき)部分がなかなか伸びてこないので格好が悪い、という事情もあったといいます。

 ちなみに、73年3月頃、東京府下の男性の7割は丁髷などの旧来の半髪(はんぱつ)で、3割が断髪でした。明治天皇が同月、散髪を「断行」すると、女官たちは「皆驚歎(きょうたん)」(『明治天皇紀』)し、官員(役人)らはあわてて髪を切り出したそうです。

 他方、政府は、帯刀を「弊習(へいしゅう)」とし、治安維持も考えて「廃刀」を計画したのですが、士族の刀に対する思い入れが強いことから、この時は「脱刀」にとどめました。廃刀令を出してこれを強制するのは76年のことです(『国史大辞典』)。

<半髪頭をたたいてみれば、因循(いんじゅん)姑息(こそく)の音がする>

(ざん)()り頭をたたいてみれば、文明開化の音がする>

こうしてザンギリ頭が文明開化の象徴として広まっていくことになります。

 

【主な参考・引用文献】

▽田中彰『岩倉使節団「米欧回覧実記」』(岩波現代文庫)▽田中彰『明治維新と西洋文明―岩倉使節団は何を見たか』(岩波新書)▽田中彰『明治維新』(講談社学術文庫)▽芳賀徹『明治維新と日本人』(同)▽牧野伸顕『回顧録』(中公文庫)▽泉三郎『岩倉使節団―誇り高き男たちの物語』(祥伝社黄金文庫)▽田中彰校注『日本近代思想体系1 開国』(岩波書店)▽松本健一『開国・維新』(中公文庫)▽圭室諦成『西郷隆盛』(岩波新書)▽勝田政治『<政事家>大久保利通』(講談社選書メチエ)▽平岩弓枝『私の履歴書』(日本経済新聞出版社)

  • 読売新聞昭和時代プロジェクト、中央公論新社
    読売新聞昭和時代プロジェクト、中央公論新社

『昭和時代 一九八〇年代』
 amazon>> 楽天ブックス>> セブンネット>>
『昭和時代 敗戦・占領・独立』
 amazon>> 楽天ブックス>> セブンネット>>
『昭和時代 戦前・戦中期』
 amazon>> 楽天ブックス>> セブンネット>>
『昭和時代 戦後転換期』
 amazon>> 楽天ブックス>> セブンネット>>
『昭和時代 三十年代』
 amazon>> 楽天ブックス>> セブンネット>>

プロフィル
浅海 伸夫 (あさうみ・のぶお
1982年から18年間、読売新聞の政治部記者。その間に政治コラム「まつりごと考」連載。世論調査部長、解説部長を経て論説副委員長。読売新聞戦争責任検証委員会の責任者、長期連載「昭和時代」プロジェクトチームの代表をつとめた。現在は調査研究本部主任研究員。