気候変動が原因?長寿バオバブの突然枯死が続発

  • 「世界最大のバオバブ」として知られた「サンランドバオバブ」も、2016年から17年にかけて大半が崩壊した(4月29日、南アフリカのリンポポ州で)=木村達矢撮影
    「世界最大のバオバブ」として知られた「サンランドバオバブ」も、2016年から17年にかけて大半が崩壊した(4月29日、南アフリカのリンポポ州で)=木村達矢撮影

 【ヨハネスブルク=木村達矢】寿命の長い巨木「アフリカバオバブ」が突然枯死する現象が、過去12年間で相次いでいるとの調査結果が、科学誌ネイチャー・プランツに掲載された。疫病によるものではなく、気候変動などが原因と考えられるものの、はっきりとした理由は謎だという。

 調査は、ルーマニアのバベシュ・ボヨイ大学のエイドリアン・パトルット博士らが、南アフリカ、ジンバブエなど南部アフリカで行った。推定樹齢850~2500年超のアフリカバオバブ15本のうち10本が、2005年以降に完全に枯死したか、古い幹の部分が倒壊していたという。

(ここまで262文字 / 残り150文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ