長者番付、4年連続ゲイツ氏が首位…孫氏34位

  • 2017年の世界長者番付で日本人トップとなったソフトバンクグループの孫正義社長
    2017年の世界長者番付で日本人トップとなったソフトバンクグループの孫正義社長

 【ニューヨーク=有光裕】米経済誌フォーブスは20日、2017年版の世界の長者番付を発表した。

 4年連続で米マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏が首位となり、資産額は約860億ドル(約9兆6000億円)だった。2位は米著名投資家のウォーレン・バフェット氏。トランプ米大統領は約35億ドル(約3900億円)で544位だった。

 日本人のトップは、ソフトバンクグループの孫正義社長で、212億ドル(約2兆3000億円)の資産額が、全体の34位だった。

 世界経済の回復や原油価格の持ち直しなどで、資産が10億ドル(約1120億円)を超える富豪は前年より233人多い2043人となり、初めて2000人を突破した。

2017年03月21日 15時41分 Copyright © The Yomiuri Shimbun