アマゾン、生鮮食品の配送開始…最短4時間で

 インターネット通販大手のアマゾンジャパンは20日、有料会員を対象に生鮮食品などを最短で当日配送する「アマゾンフレッシュ」を始めると発表した。

 まずは都心の6区で21日にサービスをスタートし、徐々に対象地域を広げる計画だ。

 購入できるものは、野菜や果物、鮮魚、精肉などの生鮮食品や台所用品、ペット用品などの日用品で計約10万点。注文から最短4時間で配送し、午前中に注文すれば、当日配送も可能だ。

 配達時間帯は午前8時から深夜0時までで、2時間ごとに設定した時間枠から指定できる。対象地域は港、千代田、中央、江東、墨田、江戸川(一部の地域を除く)で、再配達には対応しない。

 利用できるのは、年会費3900円(税込み)を支払う有料会員で、会費と別にサービス利用料として月額で500円が必要だ。配送料は1回の注文あたり500円だが、注文額が6000円以上の場合は無料になる。

(ここまで384文字 / 残り332文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ