京阪「プレミアムカー」公開…全席指定で有料

  • 報道公開された京阪電気鉄道の座席指定有料車両「プレミアムカー」(19日午前、大阪市北区の京阪中之島駅で)=尾賀聡撮影
    報道公開された京阪電気鉄道の座席指定有料車両「プレミアムカー」(19日午前、大阪市北区の京阪中之島駅で)=尾賀聡撮影

 京阪電気鉄道は19日、8月に運行を始める特急用の特別有料車両「プレミアムカー」を報道陣に公開した。

 全席指定で、8両編成の特急のうちの1両に使用。8月20日から京都・出町柳駅―大阪・淀屋橋駅間を1時間あたり最大で上下計8本運行する。

 京阪特急で長年使用してきた赤を基調に扉回りが金色の外観。「みやびな旅」を連想させるデザインにしたという。2人がけと1人がけの3列、計40席あり、座席の幅や前後の間隔を従来より広くした。ほとんどの席にテーブルと電源を用意した。専属のアテンダントが乗車し観光案内などを行う。

 京阪の専用サイトや特急の停車駅で乗車日の2週間前から座席の予約ができ、通常の運賃に加えて距離に応じ1席400~500円が必要となる。

  • 報道公開された「プレミアムカー」の車内(19日午前、大阪市北区の京阪中之島駅で)=尾賀聡撮影
    報道公開された「プレミアムカー」の車内(19日午前、大阪市北区の京阪中之島駅で)=尾賀聡撮影