エアバッグ欠陥、車4社が610億円で和解へ

 【ニューヨーク=有光裕】タカタ製エアバッグの欠陥問題を巡って、自動車メーカーが損害賠償を請求された米国の集団訴訟で、トヨタ自動車とマツダ、SUBARU(スバル)、独BMWの4社は18日、対象車両の保有者に計約5億5300万ドル(約610億円)を支払うことで和解すると発表した。

 各社は過失責任を認めていない。欠陥エアバッグを搭載した車の保有者がエアバッグを修理する間に借りた車の費用など、経済的な損失を補ってリコール(回収・無償修理)を促すことが目的で、けがの治療費などは対象外としている。計1500万台を超える車の保有者が対象となる見通しだ。

 米メディアによると、1人あたり最大500ドル(約5万5000円)を支払う。支払金額は、トヨタが約2億7850万ドル、BMWが約1億3100万ドル、マツダが約7500万ドル、スバルが約6800万ドルになるという。

(ここまで379文字 / 残り63文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ