訪日客、最速の1千万人突破…花見や登山が人気

 観光庁は19日、2017年に日本を訪れた外国人旅行者数が5月13日時点で1000万人を超えたと発表した。

 これまでで最も早かった昨年よりも23日早く、過去最速での達成となった。

 大型クルーズ船の寄港が増えたことや、航空路線の拡充などでアジアからの訪日客が伸びたためだ。高額商品を大量に買う中国人観光客らの「爆買い」は失速したものの、花見や登山などの「体験型」ツアーや、個人旅行者が増えたことも訪日客数を押し上げた。

 日本政府観光局が19日発表した1~4月の訪日客は前年同期比16・4%増の911万6000人だった。国・地域別では韓国が30・8%増の226万8200人で最も多く、中国が9・6%増の217万7500人で続いた。台湾が4・7%増の144万6900人で3位となった。

(ここまで339文字 / 残り295文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ