• 女子団体追い抜き、日本「銀」以上確定…冬季最多11個目メダル

電通、労働環境改善に130億円…違法残業受け

 違法残業事件で有罪判決が確定した電通は13日、2018年中に労働環境を改善するために新たに130億円を投じ、業務の効率化や増員を進めると発表した。

 業務のIT化を進めて効率的に仕事ができるようにすることなどに80億円を投じるほか、職場の環境改善と増員にそれぞれ25億円を投じる計画だ。電通は17年にも70億円をかけて300人規模の増員や業務効率化などを進めており、関連費用は計200億円規模となる。曽我有信取締役は13日の記者会見で、「(改革は)18年でめどをつけなければいけない」と強調した。

 13日に発表した17年12月期連結決算(国際会計基準)の最終利益は26・3%増の1054億円だった。18年12月期は、労働環境を改善する費用を計上することなどにより、最終利益が41・6%減の616億円となる見込みだ。

2018年2月14日18:43 Copyright © The Yomiuri Shimbun