GDP、年率0・5%増…10~12月期

 内閣府が14日発表した2017年10~12月期の国内総生産(GDP)速報値によると、物価変動の影響を除いた実質GDPは、7~9月期に比べて0・1%増となった。

 この成長ペースが1年間続くと仮定した年率換算は、0・5%増だった。プラス成長は16年1~3月期以来、8四半期連続となる。日本経済は緩やかな回復が続いている。

 プラス成長が8四半期続くのは、1986年4~6月期から89年1~3月期の12四半期連続以来、28年9か月ぶりとなる。

 ただ、増加幅は昨年7~9月期の年率換算2・2%増から縮小した。1%弱を見込んだ民間調査機関の平均予測に比べて低かった。

 GDPの約6割を占める個人消費は四半期ベースで前期比0・5%増。夏場の長雨で低迷した前期から持ち直し、2四半期ぶりのプラスになった。外食関連が回復したほか、10月以降の株高で、消費者の購買意欲も高まったとみられる。

(ここまで386文字 / 残り431文字)
2018年2月14日13:26 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。