自虐?「がけっぷちリゾート」…東尋坊をPR

  • 断崖絶壁の「がけっぷち」が連なる東尋坊(福井県坂井市で)
    断崖絶壁の「がけっぷち」が連なる東尋坊(福井県坂井市で)

 「がけっぷち」にいらっしゃい――。

 福井県坂井、あわら両市などは、断崖絶壁で知られる名勝・東尋坊(坂井市)を中心に、海岸沿いの観光施設を巡って楽しんでもらうプロジェクト「がけっぷちリゾート」を始めた。自虐ともとれるユニークなネーミングでPRし、主に若いファミリー層に魅力を広めたいとしている。

 2022年度末の北陸新幹線県内開業を前に、両市や観光、交通事業者などでつくる委員会が、両市での滞在・周遊型観光を進めるために企画。「がけっぷち」はマイナスイメージの言葉だが、東尋坊を分かりやすく、一言で表しているとしてあえて採用した。

 東尋坊からの風景や、丘陵地の豊かな緑を表現したロゴマークを作成。パンフレットでは、東尋坊を拠点に、北潟湖、越前松島水族館などを巡り、あわら温泉、三国温泉に泊まるモデルプランや、見所を紹介している。6月29日まで、7施設で利用料が最大で計4000円以上お得になる周遊チケットも販売するなど力を入れる。

 広島県の「おしい!広島県」(2012~14年)をはじめ、近年、自虐的なご当地PRが全国で行われている中でも、「がけっぷち」のインパクトは絶大。事務局の坂井市観光産業課は「旬の味や他にない体験を楽しめるエリア。東尋坊の景色はもちろん、坂井、あわら全体の魅力を満喫してほしい」としている。

 周遊チケットは1日券大人3500円、小学生2200円、大型連休期間は使用不可。パンフは、両市の観光案内所や道の駅などで配布中。問い合わせは同課(0776・50・3152)。(内田郁恵)

  • 「がけっぷちリゾート」のロゴ
    「がけっぷちリゾート」のロゴ
2018年4月17日18:48 Copyright © The Yomiuri Shimbun