NYダウ終値1・58ドル安、5営業日ぶり下落

 【ニューヨーク=有光裕】12日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)は前日比1・58ドル安の2万5320・73ドルと5営業日ぶりに下落して取引を終えた。

 12日に開かれた米朝首脳会談の結果は、北朝鮮の非核化の取り組みが実際に進むかどうか不透明だとして、買い材料にならなかった。

 情報技術(IT)企業の銘柄が多いナスダック店頭市場の総合指数の終値は、43・86ポイント高の7703・79で、終値としての最高値を更新した。

2018年6月13日10:14 Copyright © The Yomiuri Shimbun