TDS拡張「アナ雪」エリア新設、高級ホテルも

  • 東京ディズニーシーの新エリアのイメージ図
    東京ディズニーシーの新エリアのイメージ図

 東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドは14日、東京ディズニーシー(TDS、千葉県浦安市)を約2割拡張し、ディズニー映画「アナと雪の女王」などをテーマにした八つ目のエリアを新設すると発表した。2022年度中の開業を目指す。

 現在、平面駐車場として使われている隣接地を活用する。新エリアは約10万平方メートル。「塔の上のラプンツェル」、「ピーター・パン」の映画の世界を再現したアトラクションに加え、TDRで最上位クラスの高級ホテル(475室)やレストランを建設する。

 投資額は約2500億円で、TDS開業以来最大規模となる。 

  • 新エリアに予定しているディズニー映画「アナと雪の女王」をテーマにしたアトラクションのイメージ図
    新エリアに予定しているディズニー映画「アナと雪の女王」をテーマにしたアトラクションのイメージ図
2018年6月14日21:01 Copyright © The Yomiuri Shimbun