民進・細野氏、川勝・静岡県知事に出馬を促す

 川勝・静岡県知事は11日の定例記者会見で、6月の知事選への擁立が取りざたされている民進党代表代行の細野豪志衆院議員(45)と10日に会談し、出馬を促されたことを明らかにした。

 自身が出馬するかどうかの明言は避けた。

 知事が細野氏と会談したのは、静岡市内で開かれた朝食会で、話題の中心は、細野氏が発表した憲法改正私案だったというが、知事選について、細野氏から「(川勝知事が)出る以上応援する。早く決めてほしい」と言われたという。

 川勝知事は、従来、知事選への態度表明について「予算案が議会で可決され、新年度の人事が終わってから」などと説明してきた。だが、新年度最初の定例会見となった11日も「自民改革会議が候補を決めるのを待っている。(自身の出馬は)まだ決めていない」と言葉を濁した。

 一方、2月から3月にかけて浜松、沼津、静岡の各市で開催された政治資金パーティーについては、「(知事選への)一つの備えだ」と明言し、自身が適当と認める人が立候補しなければ出馬する考えを示した。判断の期限は、「(告示日の)6月8日までに決めればいい」とも述べた。