名古屋市長選、現職・河村たかし氏が4選

  • 4度目の当選が確実となり、支持者に水をかけられながら万歳をする河村たかしさん(23日午後8時15分、名古屋市東区で)=小林武仁撮影
    4度目の当選が確実となり、支持者に水をかけられながら万歳をする河村たかしさん(23日午後8時15分、名古屋市東区で)=小林武仁撮影

 名古屋市長選は23日投開票され、地域政党・減税日本が推薦する現職の河村たかし氏(68)(無所属)が、前副市長の岩城正光まさてる氏(62)ら新人2人を破り、4選(3期目)を果たした。

 市民税の一律5%減税の継続や、現在は鉄筋コンクリート造の名古屋城天守閣を2022年12月に木造で復元する計画(事業費最大504億円)の是非が争点となっていた。

 「18歳選挙権」導入後、初の政令市長選。投票率は36・90%(前回39・35%)だった。

 ◆名古屋市長選確定得票◆

 当  454,837 河村たかし 無現

    195,563 岩城 正光 無新

     20,099 太田 敏光 無新