横須賀市長選勝利、進次郎氏「党本部にお返し」

  • 取材に応じる小泉氏(25日夜)
    取材に応じる小泉氏(25日夜)

 25日の神奈川県横須賀市長選で、自民、公明両党などの推薦候補が現職らを破って初当選した。

 自民党は過去2回の市長選で苦杯を喫しており、地元の小泉進次郎衆院議員(衆院神奈川11区)は党本部の支援に感謝した上で「お返しの仕方はいっぱいある」と述べ、東京都議選の応援に力を注ぐ考えを示した。

 父の小泉純一郎元首相の選挙区を受け継ぎ、自身の選挙では抜群の強さを誇るが、同市長選では純一郎氏の時代から、支援する候補が連敗。今回は、都議選での応援という「見返り」も期待する党本部が党職員らを選挙事務所に派遣し、市長選としては異例の支援体制を敷いた。「3連敗すれば政治生命に痛手だ」(横須賀市議)との声も出ていただけに、小泉氏は「私にとっての2回目の初当選に近い感覚だ」と安堵あんどの表情を浮かべた。