自民、歴史的惨敗の23議席…小池氏勢力過半数

  • インタビューで笑顔を見せる都民ファーストの会代表の小池百合子都知事(2日午後8時42分、東京都新宿区で)=片岡航希撮影
    インタビューで笑顔を見せる都民ファーストの会代表の小池百合子都知事(2日午後8時42分、東京都新宿区で)=片岡航希撮影

 東京都議選(定数127)は2日、投開票が行われた。

 小池百合子知事が代表を務める地域政党「都民ファーストの会」が49議席を獲得し、都議会第1党となった。公明党などと合わせ、小池知事を支持する勢力は79議席を確保し、過半数の64議席を大きく超えた。自民党は過去最低の38議席を下回る23議席にとどまり、歴史的惨敗となった。安倍首相にとって大きな打撃で、厳しい政権運営を強いられそうだ。

 今回の都議選は、昨年8月に就任した小池知事に対する事実上の審判として注目を集め、投票率は前回を7・77ポイント上回る51・27%だった。

 都民ファーストは小池知事の高い人気を背景に、50人の公認候補者のうち、島部の1人を除く49人が当選。同会は、当選した6人の無所属の推薦候補について、公認に切り替えることを決めた。

 今回23人を擁立した公明党も7回連続で全員当選を果たした。都民ファースト、同会と選挙協力を結ぶ公明党と、東京・生活者ネットワーク、同会が推薦する無所属候補を合わせた知事勢力が過半数を占めたことで、小池都政は、都民から信任を得た形だ。

 小池知事は2日夜、NHKの番組で、「都民の皆さんの理解、支持が確実なものになりつつある。感動すると同時に責任の重さを痛感する」と話した。

 一方、自民党は、都議会議長などが相次いで議席を喪失。過去最低だった2009年と1965年の38議席を下回り、さらに改選前議席の半分以下の23議席に終わった。学校法人「加計かけ学園」問題などによる逆風が影響した。都連は「連帯責任」として、下村博文会長や高島直樹幹事長ら5役全員が辞任する。

 37人を擁立した共産党は、改選前を上回る19議席を獲得。離党者が相次いだ民進党は5議席にとどまった。

 今都議選では女性候補も躍進し、過去最多となる36人が当選を決めた。

  • 議席が伸びず消沈する自民党の下村博文会長(中央)ら都連幹部(2日午後10時26分、自民党本部で)=大石健登撮影
    議席が伸びず消沈する自民党の下村博文会長(中央)ら都連幹部(2日午後10時26分、自民党本部で)=大石健登撮影
  • 当選のバラをつける公明党の山口那津男代表(左から2人目、2日午後10時25分、公明党本部で)
    当選のバラをつける公明党の山口那津男代表(左から2人目、2日午後10時25分、公明党本部で)