稲田防衛相「厳粛に受け止めたい」…自民惨敗

 稲田防衛相は3日、訪問先の広島県江田島市で記者団に、自民党の都議選惨敗について、「大変厳しい結果だった。厳粛に受け止めたい」と語った。

 稲田氏の都議選の応援演説での失言に関し、党内では「敗因の一つ」と批判が出ているが、稲田氏は進退について「やるべきこと、なすべきことを緊張感を持って行っていきたい」と述べ、改めて辞任を否定した。