自民都連・下村会長、首相らに謝罪し辞任の意向

 都議選で歴史的惨敗となった自民党は3日午前、臨時役員会を開いた。

 都連の下村博文会長が安倍首相らに謝罪し、会長辞任の意向を伝えた。都連は近く支部長・常任総務合同会議を開き、下村会長ら5役全員の辞任を正式に認める見通し。都連関係者は「少数野党として一から出直すしかない」と話した。