仙台市長選、無所属の新人4人が立候補届け出

 仙台市長選が9日、告示され、無所属の新人4人が立候補を届け出た。

 投開票は23日。

 立候補したのは、届け出順に、前衆院議員の林宙紀氏(39)、前衆院議員の郡和子氏(60)(社民党支持)、冠婚葬祭会社社長の菅原裕典氏(57)(日本のこころ支持)、前衆院議員の大久保三代氏(40)。

 奥山恵美子市長は引退を表明。自民、公明両党の県組織が菅原氏を支持する一方、民進党県連は郡氏を擁立し、共産党県委員会なども含めた野党共闘で臨む。林、大久保両氏は、政党組織の支援を受けずに戦う。