奈良市長選、現職の仲川元庸氏が3選決める

 奈良市長選は9日、投開票され、現職の仲川元庸氏(41)(無所属)が、前奈良県生駒市長の山下真氏(49)(無所属)、まちづくりNPO法人理事長の朝広佳子氏(56)(無所属=自民推薦)、共産党県常任委員の井上良子氏(53)(共産)の3新人を破り、3選を決めた。

 投票率は51・01%(前回60・06%)だった。選挙戦では、人口減対策や財政再建、観光振興策などを巡り、論戦が交わされた。仲川氏は、長年の課題だった火葬場の新築移転計画に道筋を付けるなど、2期8年の実績を強調し、市政改革の継続を訴えた。