前市長が失職、山梨市長選は10月1日投開票

 山梨県山梨市の職員採用試験成績改ざん事件で、虚偽有印公文書作成・同行使容疑で逮捕された前市長の望月清賢せいき容疑者(70)の失職に伴う市長選について、市選挙管理委員会は14日、9月24日告示、10月1日投開票の日程で行うと決めた。

 望月容疑者は「市政の混乱の責任を取る」と辞職願を提出し、13日付で失職した。