埼玉県の上田知事、次回選挙に不出馬の意向表明

 埼玉県の上田清司知事(69)は29日の定例記者会見で、自身の4期目の任期満了に伴い2019年に行われる見通しの次回知事選に不出馬の意向を表明した。

 上田知事は「(成果を)見届けることを念頭に置いたら、首長は半永久的にやらなければいけない」と述べ、次回知事選に「立候補しないということか」と問われると、「基本的にはそういう方向だ」と語った。 一方で、「ただし(先のことは)分からない。3期12年でやめるつもりでいた」とも語り、あくまでも現時点での考えであることを付け加えた。上田知事は03年に初当選、15年8月の知事選に、自ら制定した多選自粛条例を破る形で出馬して4選を果たしていた。