堺市長選告示、現職と維新公認の新人が届け出

 堺市長選は10日告示され、地域政党・大阪維新の会公認の新人で前大阪府議の永藤英機氏(41)、無所属の現職で3選を目指す竹山修身氏(67)(自民、民進、社民、こころ推薦)の2人が立候補を届け出た。

 24日に投開票される。

 共産党も自主的に竹山氏を支援しており、「維新VS反維新」の構図。前回選は、政令市を廃止して特別区に再編する「大阪都構想」に堺市が参加するかどうかが最大の争点だったが、永藤氏は「堺では議論が進んでない」として今回は公約に盛り込まず、竹山氏の市政運営の是非などが主な争点になる。