宮城県知事選告示、現職・新人の一騎打ち決定

 5日告示の宮城県知事選は、立候補の届け出が締め切られ、新人で元生協専務理事の多々良さとし氏(58)(無所属)と、4選を目指す現職の村井嘉浩氏(57)(無所属)の一騎打ちとなることが決まった。

 投開票は衆院選と同じ22日。

 多々良氏は、共産党の推薦と社民党の県組織の支援を受ける一方、村井氏は、自民、公明両党の県組織の支援を受ける。東日本大震災からの復興など3期12年にわたる村井氏の県政運営に対する評価が主な争点になっている。

          ◇

 多々良(たたら) (さとし) 59 無新 (元)生協専務理事〈共〉

 村井(むらい) 嘉浩(よしひろ) 57 無現 知事

 (届け出順、〈 〉内は推薦政党。年齢は投票日現在)