川崎市長選、現職と2新人の計3人の争いに

 川崎市長選は8日告示され、再選を目指す現職と新人2人の計3人が、いずれも無所属で立候補を届け出た。

 現職の市政運営に対する評価が主な争点で、投開票は22日。

 福田氏は、政党の推薦を求めず、各種団体代表者らでつくる政治団体の支援を受ける。自民党市連や公明党市議団は実績を評価し、現職支援に回る。自民党市議団長だった吉沢氏は市連の方針に反発し、財政立て直しなどを掲げて立候補。共産党推薦の市古氏は、少人数学級実現などを訴える。

          ◇

吉沢よしざわ 章子あきこ 53   無新

         (元)市議

福田ふくだ 紀彦のりひこ 45   無現

          市長

市古いちこ 博一ひろかず 69   無新

     (元)小学校教諭〈共〉

※届け出順、〈〉囲みは推薦政党。(元)は前職を含む