神戸市長選、現職と3新人の計4人の争いに

 神戸市長選は8日告示され、再選を目指す現職と新人のあわせて4人が、いずれも無所属で立候補を届け出た。

 投開票は10日公示の衆院選と同日となる22日。

 選挙戦では、市中心部の三宮地域の活性化や、神戸市議会で相次いだ政務活動費の不正の防止などが争点となっている。

 同市長選が衆院選と同日選となるのは初めて。13日告示の市議補欠選挙(4選挙区、欠員6)も合わせて投開票される。

          ◇

光田みつだあまね 40 無新

(元)市議〈維〉

久元ひさもと 喜造きぞう 63 無現

市長〈自〉〈民〉〈公〉

中川なかがわ 暢三ちょうぞう 61 無新

(元)加西市長

松田まつだ 隆彦たかひこ 58 無新

政治団体役員〈共〉

※届け出順、〈〉囲みは推薦政党。(元)は前職を含む