宮城県知事選、現職の村井嘉浩氏が新人破り4選

 宮城県知事選は22日、投開票が行われ、現職の村井嘉浩氏(57)(無所属)が、新人の元生協専務理事の多々良哲氏(59)(無所属)を破り、4選を果たした。

 村井氏は自民、公明両党の県組織の支援を受け、東日本大震災からの復興など3期12年の実績を強調。高い知名度を生かして、選挙戦を優位に進めた。多々良氏は共産党の推薦を受け、県政の転換を訴えたが、支持が広がらなかった。