上尾市長に前県議の畠山氏…受託収賄事件で選挙

 前市長の島村穣被告(73)(受託収賄罪などで起訴)の辞職に伴う埼玉県上尾市長選は17日、投開票が行われ、無所属で新人の前県議・畠山稔氏(68)が新人3人を破り、初当選した。

 投票率は35・19%。

 畠山氏は市政の信頼回復に向け、法令順守規定を定めた談合防止条例の制定などを訴えていた。

 島村被告は、市のごみ処理施設の業務を巡り、受注の便宜を図るよう頼まれ、業者から現金60万円を受け取ったなどとして受託収賄罪などで起訴された。