沖縄・南城市長選、翁長知事支援の新人が初当選

 沖縄県南城市長選は21日投開票され、翁長おなが雄志たけし知事が支援する新人の元衆院議員・瑞慶覧ずけらん長敏ちょうびん氏(59)が、与党などが推す現職・古謝こじゃ景春けいしゅん氏(62)との接戦を制し、初当選を果たした。

 票差は、わずか65票だった。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題が争点となる名護市長選(2月4日投開票)に向け、翁長氏ら移設反対派は弾みをつけた形だ。投票率は66・92%。

 瑞慶覧氏は報道陣に対し、相次ぐ米軍機のトラブルの選挙への影響について、「当然あったと思う。平和な島をつくってほしいという多くの声を受け止めることができた」と述べた。

(ここまで301文字 / 残り250文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ