長崎知事選、現職の中村法道氏が3選果たす

 長崎県知事選は4日投開票され、現職の中村法道氏(67)(無=自民・公明推薦)が、新人で共産党県委員会書記長の原口敏彦氏(56)(無=共産推薦)を破り、3選を決めた。

 投票率は36・03%で、前回選(40・72%)を4・69ポイント下回り、過去最低を更新した。

 中村氏は選挙戦で、人口減少への対策や、県民所得向上に取り組む考えを訴えた。3選を受け、中村氏は「県民の思いを心に刻み、県政の活性化に全力を尽くす」と語った。