岸和田の出直し市長選、大阪維新の永野氏初当選

 前市長による現金提供問題をきっかけに行われた大阪府岸和田市の出直し市長選は4日、投開票され、諸派の地域政党・大阪維新の会新人で前府議の永野耕平氏(39)が、無所属で前市長の信貴芳則氏(56)、無所属新人で前市議の西田武史氏(52)を破り、初当選した。

 投票率は31・43%(前回33・61%)。

 昨年11月に信貴氏が再選された直後、2013年の市長選前に信貴氏が自民党の推薦を得るためとして党関係者に200万円を渡した問題が発覚。信貴氏は「信を問いたい」と辞職し、出直し選に打って出た。

 永野氏は「維新は身を切る改革を進めてきた。市政をクリーンにする」と強調。現金提供問題の釈明に追われた信貴氏、行財政改革などを訴えた西田氏を退けた。

 永野氏の任期は22年2月3日まで4年間。