京都府知事選、新人の西脇隆俊氏が初当選

 無所属新人による一騎打ちとなった京都府知事選は8日投開票され、前復興次官の西脇隆俊氏(62)(自民、立憲民主、希望、公明、民進推薦)が、弁護士の福山和人氏(57)(共産推薦)を破り、初当選を決めた。

 4期目の山田啓二知事(64)が引退を表明し、16年ぶりに新人候補による争いとなった。西脇氏は山田氏の後継として府政の「継承と発展」を訴え、北陸新幹線などの交通基盤整備や子育て支援の充実などを主張。推薦する5党の国会議員や府議らの支援を受け、幅広い支持を集めた。

 福山氏は、大型公共工事の見直し、貧困と格差の解消などを公約に掲げ、府政の改革を訴えたが、及ばなかった。