自民・宮沢洋一氏、実績強みに当選果たす…広島

 広島選挙区(改選定数2)では、自民党現職の宮沢洋一氏(公明党推薦)が当選を決めた。

 宮沢氏は経済産業相や党税制調査会長など要職を務めた実績を強みに、「アベノミクスでデフレを克服する」と訴えた。公明党の支援も受けて、県内全域で支持を広げた。

 広島選挙区には、民進党、共産党、おおさか維新の会、日本のこころを大切にする党の各公認候補ら7人が立候補した。