公明・竹谷とし子氏、実績アピール再選…東京

 今回から改選定数が1増となった東京選挙区(改選定数6)では、公明党現職の竹谷とし子氏が再選を決めた。

 公認会計士の資格を持ち、選挙戦では、国の財政改革に携わった経験や、食べられる食品を印字ミスなどを理由に廃棄する「食品ロス」の削減に向けた取り組みを進めた実績もアピールした。

 公明党の都議や区市町村議を中心に、組織票を着実にまとめあげた。選挙戦終盤には一日の演説回数を増やし、無党派層からも一定の支持を集めた。

 同選挙区には、8党の公認候補10人を含む計31人が立候補した。