おおさか維新の浅田均氏、初当選…9人争う大阪

 改選定数が1増となり、9人が争った大阪選挙区(改選定数4)で、おおさか維新の会新人の浅田均氏が初当選を決めた。

 同選挙区で、おおさか維新は勢力拡大を狙い、今年2月に浅田氏を公認したのに加え、6月に高木佳保里氏を2人目の公認候補として擁立。浅田氏を府議らが、高木氏を国会議員や大阪、堺両市議らが支援する態勢を組んだ。

 党政調会長を務める浅田氏は、橋下徹前代表らと取り組んだ府と大阪市の行財政改革の実績を強調。看板政策の大阪都構想実現による大阪の副首都化や教育の無償化なども主張し、おおさか維新の支持層を固め、安定した戦いぶりを見せた。