統一候補の木戸口氏、自民候補破り初当選…岩手

 岩手選挙区(改選定数1)では、民進、共産、社民、生活の4党から推薦を受けた野党統一候補で、無所属新人の木戸口英司氏が初当選を果たした。

 木戸口氏は生活の党の小沢共同代表の元秘書で、小沢氏の求心力低下が指摘されるなか、「小沢王国」と呼ばれる地盤を築いた小沢氏の影響力を測る選挙としても注目されていた。

 小沢氏は公示日などに選挙区入りして支持を訴え、小沢氏に近い達増拓也知事も街頭で積極的にマイクを握った。木戸口氏は「改革勢力の議席を死守しなければならない」と主張し、政権批判票を手堅くまとめた。

 自民党新人の田中真一氏は、「自公政権による政治の安定」などを訴えたが及ばなかった。