元プロ野球選手の自民・石井浩郎氏が再選…秋田

 秋田選挙区(改選定数1)では、自民党現職の石井浩郎氏が再選を決めた。

 石井氏は、元プロ野球選手としての知名度や、参院文教科学委員長を務めている実績を武器に、スポーツ産業の振興と道徳教育の重要性を訴えて県内を遊説。県議会の6割を占める自民県議や県選出の党国会議員の支援も受け、組織戦を展開した。報道などで「接戦」と伝えられた終盤は閣僚級の応援も相次いだ。

 野党統一候補として、共産、社民両党の推薦を受けた民進党の前参院議員松浦大悟氏は、旧維新の党から民進入りした村岡敏英衆院議員の支援を受けるなどして、地盤とする秋田市以外でも支持を広げたが、及ばなかった。