民進の桜井充氏、現職対決制し4選果たす…宮城

 宮城選挙区(改選定数1)では、民進党現職の桜井充氏が4選を決めた。

 今回から改選定数が1減となり、自民、民進両党の現職2人が生き残りをかけて対決。桜井氏は共産、社民両党と「立憲主義に基づき、安全保障関連法廃止を目指す」などとした政策協定を結び、野党統一候補として選挙戦を展開。共産、社民両党支持層のほか、無党派層にも浸透し、野党共闘の成果を発揮した。

 自民党現職の熊谷ゆたか氏は、公明党、日本のこころを大切にする党から推薦を得て、政権与党の実績を強調。安倍首相ら自民党の大物が相次いで応援に駆けつけたが、及ばなかった。