「脱!投票率全国最下位」ラッピング列車運行

  • 投票を呼びかける広告でラッピングされた車両(24日、青森駅で)
    投票を呼びかける広告でラッピングされた車両(24日、青森駅で)

 参院選(7月10日投開票)の投票率向上を図るため、青森県の青い森鉄道は24日、投票を呼びかける広告を貼ったラッピング列車の運行を開始した。

 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことを受けて、通学で多くの高校生らが乗る青い森鉄道で若い世代に投票を呼びかけようと、県選挙管理委員会が企画。2両編成のうちの1車両に「脱!投票率全国最下位 1票のお願い!」などと書かれた縦75センチ、横3メートルの広告が4枚貼られ、さらに車内にも同じデザインの中づり広告が掲示された。

 早朝に行われた出発式には、県選管の投票啓発CMを担当するお笑いコンビ「キューティーブロンズ」の2人も参加。ラッピング列車の出発を見送った2人は、「ぜひ投票に行きましょう」などと声をかけながら、通学中の高校生らにティッシュを手渡していた。

 ラッピング列車は投開票当日まで、青い森鉄道管内を1日最大7往復半走る。