中曽根康弘元首相の孫、出馬表明…保守3分裂か

 中曽根康弘元首相の孫で、参院議員の弘文元外相の長男の中曽根康隆氏(35)が21日、前橋市内で記者会見し、衆院群馬1区に立候補することを表明した。

 群馬1区にはいずれも自民党で現職の佐田玄一郎元行政改革相(64)、尾身朝子衆院議員(56)(比例北関東)も出馬する意向で、保守系の3分裂となる可能性もある。

 自民党群馬県連は昨年5月に選考委員会を開き、佐田氏に代わって、尾身氏を公認候補とするよう党本部に推薦する方針を決定。当時、弘文氏の秘書を務めていた康隆氏も名乗りを上げたが、選考委での投票の結果、尾身氏に敗れた。

 康隆氏は記者会見で、自民党公認を目指す考えを示した上で、「(公認を得られない場合は)不退転の覚悟で挑んでいく」と述べ、無所属で出馬する考えを示唆した。

 佐田氏と、尾身氏の父で元財務相の幸次氏は中選挙区時代の旧群馬1区で争ったライバルで、小選挙区制導入後は選挙区と比例北関東に交互に出馬する「コスタリカ方式」がとられてきた。