野党勢力の糾合に意欲…立憲民主の枝野代表

 野党第1党に躍進した立憲民主党の枝野代表は22日深夜の記者会見で、「理念と政策に協力頂ける人とは活動できる」と述べ、野党勢力の糾合に意欲を示した。

 立憲民主は、希望の党から「排除」された民進党リベラル系を中心に結党された。枝野氏は「民進党の政策をベースに違う旗を立て、(有権者の)理解を頂いた。この旗で政権を目指したい」と語った。

 ただ、野党第2党の希望は、保守系の民進出身者が中心で、立憲民主と勢力が拮抗きっこうしている。希望は日本維新の会と、東京、大阪の小選挙区選ですみ分けた経緯もある。

 民進系ベテランも多くが無所属で出馬し、勝ち上がった。岡田克也・民進党元代表は22日夜、「2大野党が協力できるようにしていくのが(自分たち)無所属の役目だ」と述べた。立憲民主、希望の両党と連携して野党結集を目指すべきだとの考えを示したものだ。