選挙後にまた代表辞任?…黒岩氏が小池氏チクリ

 東京都の小池百合子知事が、国政政党として新党「希望の党」を発足させて自らが代表に就任することを表明したことについて、神奈川県の黒岩知事は25日、読売新聞の取材に対し、7月の都議選後に小池知事が地域政党「都民ファーストの会」の代表を辞任したことを挙げ、「今回も選挙が終わったら辞任するのか」と皮肉った。

 黒岩知事は、知事と国政政党代表の兼務自体には「前例があり、それ自体は問題ない」との認識を示した。一方で、「選挙のたびに、選挙のためだけに代表になることには違和感がある」と述べた。

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会準備についても、「選挙の結果にかかわらず、当然しっかりとやってもらわなければ困る」とクギを刺した。