「都政に専念して」…都議会で小池知事に苦言

 東京都議会では26日、代表質問があり、「希望の党」の代表に就任した小池百合子知事に、自民・公明両党は「都政に専念してほしい」と苦言を呈した。

 自民党は「東京への愛情が感じられない。知事の思いは、今この瞬間にも違う所にあるのでは」と皮肉り、知事与党の公明党も「都政を踏み台に他の狙いがあるかのような報道がされた」と指摘した。小池知事はこれには答えなかったが、共産党の「国政で打開すべき課題は」との質問には、「都政を前に進めるためにも、国の改革のスピードを加速させるべきだと考えている」とした。

 本会議終了後、小池知事は報道陣に「いろいろご指摘があるが、改革のチャンスが来ていると捉えているので、私は(新党に)しっかり取り組んでいきたい」と理解を求めた。