首相指名「山口さんがいい」小池氏、公明に秋波

 新党「希望の党」の代表に就任した東京都の小池百合子知事が公明党に秋波を送っている。

 7月の都議選では小池氏が率いる地域政党「都民ファーストの会」と選挙協力した公明党は、小池氏の国政進出に反発を強めるが、小池氏は国政でも公明党との連携に期待しているためだ。一方、衆院選で公明党との選挙協力を進める自民党は、希望の党と公明党の関係に疑心暗鬼になっている。

 「山口那津男さんがいいと思います」

 小池氏は25日夜のフジテレビの番組で、衆院選後の特別国会で行われる首相指名選挙で党として誰に投票するかを問われ、公明党の山口代表の名前を挙げた。「都民に対しても共に歩んでおり、国政でも連携していけると思っている」とも述べ、ラブコールを送った。

(ここまで316文字 / 残り644文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ