希望とは「厳しい戦いになる」…自公が結束確認

 自民、公明両党の幹部は27日午前、東京都内で会談し、衆院選に向けて結束を確認し、政策のすり合わせを急ぐ方針で一致した。

 会談には両党の幹事長、国会対策委員長、政調会長、選挙対策委員長が出席。安倍首相が勝敗ラインとして示した「与党で過半数(233議席)」の議席獲得を目指し、両党候補の相互推薦などを進めることを確認した。

 小池百合子東京都知事が代表に就任した新党「希望の党」については、「厳しい戦いになる。甘く見ないで結束を固めていこう」との認識を共有した。公明党の斉藤鉄夫選対委員長は会談後、記者団に「(新党は)自公政権への挑戦であり、しっかり勝っていきたい」と語った。

 菅官房長官は27日午前の記者会見で、希望の代表に小池氏が就任したことについて、「1000万都民のリーダーという重責を担う都知事が、国政政党の代表を兼ねるのは難しいのではないか」とけん制した。