小池氏は「首相の座、狙うのか」…与野党で臆測

 「希望の党」代表の小池百合子東京都知事が、衆院選の「台風の目」になりつつある。

 与野党の間では、小池氏が衆院選を前に都知事を辞任し、首相の座を狙うとの臆測が広がった。小池氏は27日の記者会見で、衆院選に「都知事として臨んでいく」と述べるなど“火消し”に努めたが、国政復帰説は今後もくすぶりそうだ。

 小池氏は、27日の記者会見で「代表が首相指名選挙に臨むのが責任ではないか」と問われると、「戦いが終わった後で考えていきたい。しっかりと国政で率いてもらえる人を選び出していきたい」と語った。

 民放番組で同じ質問をされ、「山口那津男さん(公明党代表)がいい」と述べていた25日から、態度を一変させた。将来の国政復帰の可能性を問われても、直接の回答を避けた。

(ここまで326文字 / 残り595文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ