希望、具体策見えず…「寄り合い所帯」集約急ぐ

  • 記者会見でポーズをとる、希望の党の小池代表(中央)ら(27日午前、東京都新宿区で)=三浦邦彦撮影
    記者会見でポーズをとる、希望の党の小池代表(中央)ら(27日午前、東京都新宿区で)=三浦邦彦撮影

 小池百合子東京都知事が率いる新党「希望の党」は綱領で「寛容な改革保守政党」を掲げたが、具体的な政策には踏み込まなかった。

 理念や政策が違う政党出身者による「寄り合い所帯」だけに、衆院選公約でどこまで政策内容を詰め切れるかは不透明だ。

 「しがらみのない政治を作りあげ、国民に希望を届けたい」

 小池氏は27日の結党記者会見で、こう強調した。記者会見では「希望」「改革」というキーワードを繰り返したが、具体論にはほとんど触れなかった。

 新党は、民進党出身の細野豪志・元環境相らが中心となり、急ピッチで公約作りを進めている。結党メンバーには自民、民進、日本のこころの出身者らが集まっており、政策のすり合わせは容易ではない。

(ここまで308文字 / 残り555文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ