小池氏の発言は「心外」、官僚出身の知事が反発

 東京都の小池百合子知事が27日、自身が代表を務める国政政党「希望の党」の結党の記者会見で「全国知事会のほとんどは霞が関出身で、中央集権を促進するような動き」などと発言したことを受け、三重県の鈴木英敬知事は同日の会見で、「霞が関出身でも、地方分権、地方創生に一生懸命頑張っている知事が大半。出自をもって後ろ向きだと言われるのは心外だ」と反発した。

 鈴木知事自身も、通商産業省(現・経済産業省)の官僚出身。小池知事からいきなり矛先を向けられた格好で、「我々は一度選挙を経て、県民から負託を受けている。霞が関出身で十把一からげにされるのは心外」と反論した。

 ただ、「感覚の鋭い小池知事なので、そういう空気を感じる部分もあったのだろう。謙虚に受け止めて、改善するべきはする」と、“大人の対応”をみせた。

 小池知事の理念に対しては「東京都知事が地方分権というのは分かりにくい感じはするが、国政の中で地方分権の取り組みを進めてもらうのは歓迎。東京と地方が対立構造になることなく、連携して取り組みたい」とも述べた。