衆院が解散、総選挙…10月22日に投開票へ

  • 臨時国会の冒頭で衆院が解散され、万歳や拍手をする前議員たち(28日午後0時4分、国会で)=高橋美帆撮影
    臨時国会の冒頭で衆院が解散され、万歳や拍手をする前議員たち(28日午後0時4分、国会で)=高橋美帆撮影

 衆院は28日に召集された第194臨時国会の冒頭で解散された。政府は続く臨時閣議で、第48回衆院選の日程を「10月10日公示・22日投開票」とすることを正式決定する。

 衆院選は2014年12月以来、約2年10か月ぶりとなる。19年10月の消費税率10%への引き上げに伴う増収分の使途変更や憲法改正などが争点となる見通しだ。野党第1党の民進党が小池百合子東京都知事の率いる希望の党に事実上合流する方向となる中、安倍政権と野党勢力による政権選択の選挙となりそうだ。

 政府は28日午前の臨時閣議で衆院解散を決定した。安倍首相が解散を諮り、全閣僚が解散の閣議書に署名した。天皇陛下から解散詔書への署名、押印を得た後、正午からの衆院本会議で大島衆院議長が解散詔書を読み上げた。

 臨時国会は、首相による所信表明演説や各党による代表質問は行われず、弾道ミサイル発射などを繰り返す北朝鮮への抗議決議の採択についても見送られた。

  • 衆院が解散され、一礼する安倍首相(中央)と万歳をする前議員たち(28日午後0時3分、国会で)=青山謙太郎撮影
    衆院が解散され、一礼する安倍首相(中央)と万歳をする前議員たち(28日午後0時3分、国会で)=青山謙太郎撮影
(ここまで405文字 / 残り654文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ